• ローコードによる超高速開発ソリューション
  • ローコード開発で実現できること
  • FPTのローコード開発に関するお問い合わせ
  • DX推進やシステム・アプリ開発に多い課題
  • ローコード開発で課題解決
  • ローコード開発導入のメリット
  • ローコード開発における導入のポイント
  • FPTのローコード開発ソリューション
  • 「akaNOX」の特長・機能
  • 提供サービス
  • FPTのローコード開発の強み
  • お客様事例
  • FPTのローコード開発に関するよくある質問
  • お問い合わせエリア

ローコード開発で実現できること

Image
生産性の向上を実現
ローコード開発の導入により、IT業界の標準と比較し10倍以上生産性を改善。
開発工程の最適化により工数を大幅に削減、開発期間の短縮を実現いたします。
Image
DX時代にむけて新たな価値の創出
業務の自動化や最適化といったDX(デジタルトランスフォーメーション)を、エンジニア・スタッフ問わず推進可能。
コードではなく、視覚化されたUI/UXが内製化やコストカットを実現。昨今のトレンドである「働き方改革」を達成いたします。

ローコード開発導入のメリット

Image
開発期間を大幅に短縮
エンジニアの技術格差をなくし、誰もが優秀なフロントエンドエンジニアとなれるのが、ローコード開発プラットフォーム最大の特徴と言えます。 視覚的かつスピーディーに操作できるインターフェースのため、技術習得も簡単。エンタープライズまで規模を問わず適用可能です。
Image
開発コストの削減
プラットフォーム利用料はエンジニア1人の採用コストより安価。社内IT部門に頼らず 業務自動化を実現でき、結果コストの削減に寄与します。
Image
最小限のコードで開発可能
コーディングが不要のため、現場スタッフや経験の浅いエンジニアでも優れたアプリケーションを立ち上げることが出来ます。
Image
リソース不足の解消
ソフトウェア開発のニーズが年々増え続ける中、アプリを短時間で構築する仕組みはエンジニアリソースの不足を解消いたします。
Image
アジャイル開発の促進
アプリケーションの素早い構築と、APIによる外部連携を併せ持つローコード開発は、アジャイル型開発を強力に推進いたします。
Image
ユーザー満足度の向上
コーディングスキルを持つエンジニアにとっても、制御が容易かつ多数の機能を持つローコード開発プラットフォームは、高い満足度を誇ります。
FPTのローコード開発に関するお問い合わせ
ローコード開発について問い合わせる

DX推進やシステム・アプリ開発に多い課題

Image
  • ITエンジニア人材が不足している
  • アプリ開発にコストや時間がかかりすぎる
  • 開発業務を内製化したいが専門知識がない
  • 社内システムの刷新をスピーディに進めたい
  • テレワーク導入のため、業務のDX化が必須
  • 業務フローの自動化、効率化が進まない

ローコード開発はこれらの課題を解決いたします

ローコード開発

技術習得が簡単でエンジニアの技術格差をなくす
エンジニアの技術格差をなくし、誰もが優秀なフロントエンドエンジニアとなれるのが、ローコード開発プラットフォーム最大の特徴と言えます。
視覚的かつスピーディーに操作できるインターフェースのため、技術習得も簡単。エンタープライズまで規模を問わず適用可能です。
エンジニア不足を補う
昨今多くの企業でDX(デジタルトランスフォーメーション)が推進されている一方、アプリ開発や業務自動化に必要なスキルを持つエンジニアは不足しています。
そのような状況において、自社スタッフをはじめとするコーディング未経験者でもアプリを開発できるノーコード、そしてローコード開発は人材不足を補う手法として注目されています。
2025年までには、すべてのソフトウェア開発の実に65%でローコードが利用される見込みです。
用途を選ばず活用可能であり、モバイルアプリ・Webアプリ開発対応可能
ローコード開発は社外の顧客向け、社内向け問わず用途を選ばず活用することができます。
また、モバイルアプリ・Webアプリいずれの開発も可能。バックエンド・基幹システムのような大規模開発にも対応しており、あらゆる場面において適していると考えています。

ローコード開発における導入のポイント

POINT.01 ビジュアルモデリング
視覚化されたモデルを使用してアプリを作成する方が、コードを用いて開発するよりも高速です。
ビジュアルモデリング機能を備えたローコードプラットフォームは、様々なコンポーネントによって、開発スキルのないスタッフからプロの開発者まで、誰でも読み取れることが最大の特徴。
そのため、モデルの視認性を中心とした使いやすさは導入のポイントとなります。
POINT.02 ドラッグ&ドロップ可能なインターフェース
すべてのローコード開発プラットフォームには、ドラッグアンドドロップで操作できる機能が備わっています。
この機能こそが、開発プロセスを簡略化する最も需要な機能となります。
利用者の大半が最も高い頻度で使う機能でもありますので、その操作性や反応速度の速さは導入時に確認しておくべき項目となります。
POINT.03 事前構成されたモジュール
プラットフォームによっては、導入時から外部アプリケーションに対応した機能・モジュールが用意されています。
そのため、既存のアプリケーションを確認しておくことで、ローコード開発をより迅速にスタートすることが出来ます。
新しいモジュールの追加やプラグインの利用も重要ですが、OOTB時から連携可能なアプリケーションについては調査しておくべきでしょう。

FPTのローコード開発ソリューション

FTPではOutSystemsをプラットフォームとしたローコード開発及び各種ソリューションを提供しております。
OutSystemsとは60か国に1,200社以上もの顧客企業に利用されているローコード開発のリーディングプラットフォームです。
SAPやSalesforceなどのシステムに素早く統合でき、Webアプリケーションやモバイルのネイティブアプリケーションを視覚的に開発できます。
FPTは最高資格であるOutSystems ELITE Partner資格取得企業です。
Image
OutSystemsについて詳しく知る

「akaNOX」 - ローコード移行ツール

FPT製最新ローコード移行ツール
FPTが提供するローコード移行支援ツール「akaNOX」シリーズ。Lotus Notes環境の分析、評価プロセスを数日までスピードアップするakaNOX Analyzer 、 Lotus NotesからPDF、DOC、HTMLファイルにデータを抽出するakaNOX Archive、 複数のプラットフォームでデータを移行するakaNOX Data Migration Supportなど、モジュール化により、移行範囲を簡単に拡張できます。

「akaNOX」の特長・機能

Image
マイグレーションのための包括的なソリューションを提供します。
Image
ワンクリック移行機能により、移行がより簡単かつシームレスになります。
Image
シンプルで利便性の高いインターフェースで設計、バイリンガルサポート。
Image
モジュール化の方向に設計されており、必要に応じて機能を簡単に拡張できます。
Image
OutSystems、PowerApps、SharePointなどの複数のプラットフォームへの移行をサポート

提供サービス -コンサルティングから開発まで全てお任せ

Image
ERPコンサルティング
基幹システム等の大規模開発について、設計からテストまでワンストップで対応いたします。
Image
アプリケーション開発
社内システムや、アプリケーションをローコードで構築いたします。
Image
レガシーマイグレーション
レガシーシステムの移行を中心とした各種モダナイゼーションをサポートいたします。

FPTのローコード開発の強み

1 高いコストパフォーマンス
社中国やインドといった主要なオフショア開発国と比べてコストパフォーマンスの高いベトナムの豊富なリソースを活用
2 1200人以上のローコード特化人材
ディレクター、コンサルタント、開発者、オペレーターを中心に豊富な人材を有しています。
3 ローコードパートナーとの協力関係
OutSystemsエリートパートナー兼OutSystems MSPパートナー
4 柔軟案グローバルオペレーティングモデル
オンショア・ニアショア・オフショアを柔軟に組み合わせたオペレーション。FPTグループがシステムの公開・運用をグローバルにサポートいたします。

お客様事例

業務内容
国内線、国際線ともに国内最大規模を誇り、英国 SKYTRAX 社のワールド・エアライン・スター・レーティングでは世界最高評価の「5 スター」を 2012 年から 6 年連続で獲得しています
用途
ローコード開発への移行含む基幹システムの改修
課題
運航サポート業務の迅速化に向け、情報収集と部門間連携強化を図るため、業務プロセスの見直しとそれを支えるシステム基盤が求められている。
効果
業務プロセス及びヒューマンリソースの最適化を実現。
結果運航阻害件数の削減による運航品質の向上、安定化に寄与し、エンドユーザーの満足度も向上
自動車業界でのローコード活用事例
2019年にローコードを導入したのを契機に、開発体制もウォーターフォールからアジャイルに変更。2年間でファンクションポイントの月当たりの生産性が2倍になった。

 

FPTのローコード開発に関するよくある質問

Q1. ローコード開発でどのような事ができますか?
Q2. なぜ、FPTのローコード開発は他社よりも低コストなのですか?
Q3. ローコード開発と従来の開発の比較を教えてください。

お気軽にお問い合わせください