金融業界における量子コンピューティング

米国に本社を置き、企業向けクラウド型データ活用プラットフォームするDomoによると、人間は1秒間に少なくとも1.7 MBのデータを生成するそうです[1]。5GやIoTの台頭に伴ってデータ量が増え続けるにつれ、古典的なバイナリー・コンピューティングでは、大きな意味のある洞察を得ることが難しくなっています。そんな中、量子コンピューティングが、特に金融分野で最も急速に成長しているデジタルトレンドの1つとなっています。

不動産・建設業におけるDXのポイント!FPTが支援したベトナム先行事例に学ぶ成功の勘所

デジタルトランスフォーメーション(DX)が遅れていると言われる不動産・建設業界。ベトナムIT最大手のFPTソフトウェアは、同国において欧州SAPのERPパッケージと独自のソリューションを組み合わせ、不動産・建設業界で多くのDXを成功させている。 FPTジャパンホールディングスは2022年8月24日、不動産・建設業における最新DXについてのセミナーを開催し、同社のソリューションやベトナムでの成功事例を紹介した。その模様をご紹介します。  

NIST SP800-171 ~ 米国で急速に進むセキュリティ対応、日本でも対応が必要な理由とポイントとは

今、NIST(National Institute of Standards and Technology:米国立標準技術研究所)の策定したサイバーセキュリティガイドライン「NIST SP800-171」が、世界中で注目が高まっています。特に、昨今の急激な国際情勢の変化から、国家にとっても、また企業にとっても、NIST SP800-171は重要な意味を持ちはじめています。 このブログでは、NIST SP800-171策定の背景、概要、そして対応について紹介します。

デジタル変革で先手を取るために、「大きく考える - スマートに始める - スピーディに拡大する」

  FPT Digital Kaizen™ は、デジタル変革導入の障害となるものを取り除くための実行可能なソリューションです。 最近のBCGの調査によると、デジタル変革プロジェクトの70%が目標を達成できず、深刻な結果になっていることがよくあります[1]。FPT Digital Kaizen™ は、デジタル変革導入の障害となるものを取り除くための実行可能なソリューションです。

医療とAI:ステークホルダーの視点

人工知能(AI)はこれまでの空想の領域から現実の技術へと進化し、医療業界を劇的に変えようとしています。 この記事では、より良い医療を提供するためにAIがどのように役立つかについて、各ステークホルダーの視点から詳しくご紹介します。 ヘルスケアプロバイダー 病気やウイルスの絶え間ない変異は、ヘルスケアプロバイダーにとって大きな課題です。しかし、AIを活用すれば、診断と治療のプロセスを大幅に迅速化することができます。AIによる画像診断は、より正確に疾患を検出できることが統計的に証明されており、臨床医にとっての有効な診断情報源であると見なされています[1]。