NIST SP800-171 ~ 米国で急速に進むセキュリティ対応、日本でも対応が必要な理由とポイントとは

今、NIST(National Institute of Standards and Technology:米国立標準技術研究所)の策定したサイバーセキュリティガイドライン「NIST SP800-171」が、世界中で注目が高まっています。特に、昨今の急激な国際情勢の変化から、国家にとっても、また企業にとっても、NIST SP800-171は重要な意味を持ちはじめています。 このブログでは、NIST SP800-171策定の背景、概要、そして対応について紹介します。

デジタル変革で先手を取るために、「大きく考える - スマートに始める - スピーディに拡大する」

  FPT Digital Kaizen™ は、デジタル変革導入の障害となるものを取り除くための実行可能なソリューションです。 最近のBCGの調査によると、デジタル変革プロジェクトの70%が目標を達成できず、深刻な結果になっていることがよくあります[1]。FPT Digital Kaizen™ は、デジタル変革導入の障害となるものを取り除くための実行可能なソリューションです。

ITがもたらすヘルスケア業界の新たな可能性:AIやブロックチェーン・・・

医療機器やサービスを含むヘルスケア業界は、これまでもITと切り離せない関係にあった。最近のAI(人工知能)の普及やブロックチェーンの登場により、その可能性は無限ともいえる様相で広がっている。本ブログでは、ヘルスケアITについてこれまでの経緯を振り返る一方で、AIが具体的にどのように活用されていくのかを考える。AI音声認識、AI言語処理、AI画像診断と言った基礎技術を用いて、電子カルテによる情報のデジタル化や、ブロックチェーンの活用などにより、患者と医療機関と薬局などでデータを共有できる医療ITプラットホームの構築なども視野に入ってきている。

アフターコロナ時代の未来のスマートファクトリーとは?

新型コロナウイルス(COVID-19)がもたらした、あまりに突然な世界危機を経験したことがあるビジネスパーソンは、まったくいなかったでしょう。パンデミックの影響はほとんどの業界で見られますが、製造業界にまさるものはありません。移動制限、ロックダウン、ソーシャルディスタンスの要求により、製造業者は従業員の安全管理対策やリスク管理のアプローチなどを調整し、工場の運営方法を再考する必要にせまられています。    

スマートマニュファクチャリングを成功させるための重要な要素

ビジネスの成功には、適正な投資が必要です。製造業者が、スマートマニュファクチャリングを実現するという大きな望みをかなえるために、注力しなければならない5つの要素を見てみましょう。